ペリカン ブルー・オー・ブルーが気になる

2010年より販売されているペリカンの特別生産品、ブルー・オー・ブルーの色合いが気になります。

ペリカン ブルー・オー・ブルー ペリカン公式サイトより

いまだかつて実物を目にしたことがなく、取り寄せして色合いが納得いかないと困るので投稿してみました。

私は青の中でも比較的濃い色のほうが好きなので上の写真のような色合いがベストだと思ってます。ただ、他の方のレビューなどを見ると光の加減か、結構水色っぽかったりして、あまり好みではないような気もしてなりません。


スポンサーリンク

「ペリカン ブルー・オー・ブルーが気になる」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。

    知恵袋からこちらに来ました。

    ”ブルー・オ・ブルー”持っています。

    Eーショップ モリタで買いました。値段は忘れましたが、こちらのショップが最も安かったからです。

    色は結構濃いです。中のインクが見えないくらい。又金のリングと併せて、結構派手です。

    たまたま運が良かったのか、インクフロー良く、スラスラ書けます。

    リブはMですが、当然ブロードかな?と思える程太い字が書けます。

    ただ、ペリカンはやはり当たり外れがあります。

    M1000のBBを同じ店で買いましたが、掠れて書けません。購入直後でしたので、お店に連絡すると、料金着払いで、厳重に梱包し、「割れもの注意」のシールを貼って送付して下さいとメールがありました。
    1週間ほどして、戻ってきました。
    インクフローは、どくどくです(ペン先交換し、調整)。

    「万年筆評価の部屋」というブログがありますが、ペリカンのM以上のリブを買う場合、調整してくれるお店で買うべきと書いてあります。

    上記、「万年筆評価の部屋」を検索して下さい。

    ”WAGNAR”という万年筆愛好家のグループがあります(筆者は主宰者)。

    日本のアチコチで定例会があり、ペンクリニックやペントレード等があります。

    入会資格は、「万年筆が好き」な人・・・です。

    私は北陸の人間ですが、未入会なので、今度石川県の金沢市で夏開催されるというので、入会しようかな・・・と思っています(ペンクリ目当て)。

    万年筆の調整等の記事が載っていますので、面白いですよ。

    素敵な万年筆ライフを過ごして下さい。

  2. コメントありがとうございます。

    やはり濃い色なんですね^^。ブルーと金トリムの万年筆ってありそうで意外と少ないので本格的に購入を検討したいと思います。

    購入したらロイヤルブルーを入れて色ペンとして楽しみたいです。

コメントは停止中です。