マイスターシュテュック146ル・グラン ダイヤモンド

マイスターシュテュック146ル・グラン ダイヤモンド

言わずと知れた万年筆の代表格、マイスターシュテュック146のレビュー。

学生のころからあこがれていたモンブラン。そのモンブランから2010年、天冠にダイヤモンドがセットされた万年筆が発売されるということで、私の誕生石を身につけたいという思いから149もいいけど、ちょっと細身の146も使い勝手は良さそうだしということで購入しました。


スポンサーリンク

使ってみて最初の印象は、とにかく使いづらい。インクフローが悪いうえに、ちょっとでも力を入れるとインクが出すぎてしまい、しかもペン先がMのため、日本製と比べて太いということはウェブで知っていたものの、日本製でいうBは裕にあります。

ただ、いいものは長く使ってこそ真の意味でいい道具になるということを信じて、毎日使っています。

 

2010年に購入したボールペンと一緒に

万年筆を買った半年前にクラシックサイズのボールペンとペンケースを買ったので撮ってみました。

 

ペンケースに入れた状態

ペンケースにいれた状態。モンブランのペンにはやはりモンブランのペンケース、ということで3本差のを買いました。万年筆を買った当初は残りのスペースにはP165の0.5芯がいいかなと思ってましたが、今は校正用の万年筆をまだ持ってないのでクラシックサイズのダイヤモンドでもと考えてます。

ちなみに、インクは純正のブルーブラックを使用しています。このブルーブラックは書いた時は青ですが、時間がたつと黒っぽくなって色が定着するというもので、昔から公文書などに使われているそうです。