ペリカン・ブルー・オー・ブルー

ペリカン・ブルー・オー・ブルー

遂に、遂に、手に入れました。

約2年越しの更新になってしまいました。

その間、ペンを探しにウェブや店舗をあちこち見て回ったり、時にはペン探しからはなれ、デジタル環境を整えたりとこの間、色々ありました。


スポンサーリンク

さて、このペンは万年筆愛好家なら言わずと知れた逸品で、今ではほぼ入手不可能になっています。

発売されたのは2010年の事で、私が万年筆を始めた頃には既に完売しており、半分諦めかけて他のペンを買ったりしていましたが、今年の4月の増税直後にふとAmazonのマーケットプレイスを見ていたら、な、なんと、1本転がっていたのです。ペン先は私が求めていた細字ではなかったのですが、ペリカンの万年筆は同じ大きさのペン同士であれば簡単に交換できると言う事と、限定品であるにも関わらず、価格が平行輸入品扱いで発売時の定価より安かったので、則軸買いを決意。こうして私のもとにブルー・オー・ブルーがやってきました。

ブルー・オー・ブルー・天冠

このモデルを機にリニューアルされた天冠。梨地にペリカンの親子が誇らしげに佇んでいます。

ペリカン・ペン先

ペン先はバイカラー仕上げ。希望の細字ではなく、太字なので他の800シリーズを細字で買って付け替える予定です。

ブルー・オー・ブルー・キャップ

 

キャップにはペリカンのくちばしを模したクリップが付いています。


スポンサーリンク

購入検討中の万年筆

現在購入を検討している万年筆の一覧です。

* ペリカン:M800ブルー・オー・ブルー

色ペンとしてロイヤルブルーを入れて使用したいと思ってますが、なかなか現物を見る機会がなくて購入をためらっています。

* パイロット:カスタム743

日本語筆記用として日本製万年筆1本は持っておきたいと思って検討。146とサイズがほぼ同じなので手にしっかり馴染む感じがします。試し書きした感想として、細字であれば7ミリ行程度のノートであれば裕に字がつぶれずに書けます。

* プラチナ:#3776センチュリー

1年間筆記しなくても?書き出し時にかすれが出ないという優れ物。パイロットとどちらにしようか検討中。定価10500円という価格ながらも、同ラインの万年筆より一回り大きいペン先を使用してるのも魅力。

* パイロット:蒔絵万年筆

日本の伝統技術、蒔絵を施した万年筆。日本製万年筆を買うのであれば蒔絵万年筆も悪くはないと思って検討中。ただ、使う場所を選んだり、経年劣化が気になります。


スポンサーリンク

ペリカン ブルー・オー・ブルーが気になる

2010年より販売されているペリカンの特別生産品、ブルー・オー・ブルーの色合いが気になります。

ペリカン ブルー・オー・ブルー ペリカン公式サイトより

いまだかつて実物を目にしたことがなく、取り寄せして色合いが納得いかないと困るので投稿してみました。

私は青の中でも比較的濃い色のほうが好きなので上の写真のような色合いがベストだと思ってます。ただ、他の方のレビューなどを見ると光の加減か、結構水色っぽかったりして、あまり好みではないような気もしてなりません。


スポンサーリンク

アマゾン・ジャパン ペリカンの全ラインを定番化

Amazon.co.jpではペリカン スーベーレンの全ラインを定番化するようです。


スポンサーリンク

ペリカンは万年筆メーカーとして確固たる地位を持つ由緒あるブランドですが、書き味やデザインに個体差があることでも知られています。製造年によって軸の色やつなぎ目にむらがあったり、天冠のデザインが樹脂だったり梨地だったりします。

また、Blue o’ Blueなどの特別生産品はラインナップされてませんし、純正の詰め替えインクも販売されてないので今後の商品展開がどうなっていくのが楽しみです。

Amazonサイトへ


スポンサーリンク